女性が主体となって避妊方法
お腹に赤ちゃんがいる女性

妊娠したくないなら低用量ピルで避妊!ピルの作用を知りましょう。

確実な避妊方法とプラセンタの関係、不正出血を防ぐ方法

スマホで避妊方法を調べている女性避妊方法と一口にいってもその内容には色々なものがあります。ごくごく簡単なものであれば性行為の際に使用するコンドーム、その他であれば避妊リングや避妊手術、経口避妊薬などが挙げられます。この中でもより手軽で、その避妊効果が高いとされているのが経口避妊薬、避妊ピルです。経口避妊薬はその成分に黄体ホルモンと卵胞ホルモンという二つの女性ホルモンが含まれています。この成分が脳下垂体というホルモン分泌を行う部分に作用して、排卵を止めたり、子宮内膜が増殖していくのを防ぐことが出来ます。排卵が起こらなければ卵子が精子と受精することもありませんし、内膜の状態を変化させていけばそのまま着床も防ぐことが出来ます。つまりより高い確率での避妊が可能になってくるのです。
このピルを使った避妊方法は女性ホルモンをうまく調節することでその効果を高めていくことが出来ますが、時には副作用として不正出血の症状を引き起こすこともあります。この不正出血、主にホルモンバランスの乱れによって引き起こされるものです。ある程度この避妊方法を続けていけば自然と症状は治まっていきますし、軽い不正出血であればそれほど心配はいりません。
ただ、プラセンタなどのホルモンに作用する成分を併用している際には注意が必要です。プラセンタは美容や健康に非常に高い効果があるのですが、その作用の一つに女性ホルモンの分泌を促していくというものもあります。一般に市販されているサプリメント程度であればさほど影響もありませんが、あまりにプラセンタ成分の摂取量が過剰であった場合には女性ホルモンのバランスが乱れ、経口避妊薬の避妊効果が薄れてしまう可能性もあるのです。これによって不正出血などの副作用の症状が起こりやすくなることもあるので、それを防ぐためにも経口避妊薬の服用時にはプラセンタの併用は避けることをおすすめします。