女性が主体となって避妊方法
お腹に赤ちゃんがいる女性

妊娠したくないなら低用量ピルで避妊!ピルの作用を知りましょう。

妊娠回避の避妊方法と言えばピル、お薬による影響と出血

意図しない妊娠を回避するべく、避妊方法は古来より人々の間で研究されて来ました。
昔の時代は迷信に近い避妊方法もいくつか存在しましたが、
近年では科学的な見地から考案された医薬品と避妊具による二種類の方法が確立されています。
特別な理由がない限り、女性はピルで男性は避妊具を使う事で意図しない結果を回避出来ます。
それもピルと避妊具を併用する事でほぼ百パーセントの回避が望めますので、避妊方法としては大変優秀です。
女性向けの避妊具も一部存在はしていますが、
装着が難しい、入手が面倒、それでいて効果が男性のコンドームよりも低い等の理由から、あまり推奨されていないのが実情です。

体温計ピルを服用する上で意識したいのが生理のサイクルです。
月経がスタートした時期を正しく見定め、適切なタイミングで服用を開始するのが基本的な避妊方法です。
オリモノに僅かでも出血があれば、月経がスタートしたとしてピルを飲み始めてOKです。
ピルの影響によって、出血の量が普段と変わる、
あるいは微量の出血量が連日継続する等のケースがありますが、リスクに繋がる影響ではありませんので、特に恐れる事なく使用を続けましょう。

ピルの服用タイミングは特に定まっておらず、女子個人の任意の時間帯で良いとされています。
ただし、いたずらに飲む時間を遅らせてしまうと、
不正出血などの症状が現れますので、原則半日以内のズレに留めた方が良いでしょう。
ピルは女性の身体に優しい医薬品ですが、決められた量以上を服用するのは危険です。
過剰摂取によって避妊効果が高まる等のメリットはありませんので、必ず商品毎に定められた推奨量を守りましょう。
また他の医薬品同様に劣化したお薬は服用に適しません。
湿気や太陽光が当たる場所は避け、安全な所で保管しましょう。