女性が主体となって避妊方法
お腹に赤ちゃんがいる女性

妊娠したくないなら低用量ピルで避妊!ピルの作用を知りましょう。

ピルは有効な避妊方法だけでなく生理痛や頭痛に効果的

ピル=避妊薬と考える方も少なくないかもしれませんが、実はピルは避妊だけではなく、生理痛やめまい、頭痛、イライラなどの月経前症候群、肌トラブルなどの改善に効果的な薬でもあります。
ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスよく配合され、排卵を抑制し、生理痛や子宮内膜症などの症状緩和に効果を発揮します。
また月経前症候群の症状である、むくみ、頭痛、腹痛、腰痛、めまい、食欲不振なども改善されます。
もちろん避妊方法としてもピルは効果的です。
正しく服用すれば、ほぼ100パーセントの効果が期待できる避妊方法です。また女性が自分の意思で避妊できる方法でもあります。
避妊法がなかった時代には、有効な避妊方法がなく、堕胎薬が開発されていました。しかしどんなにすぐれた堕胎薬であっても、女性の体には大きな負担となりました。その後避妊の必要性が考えられはじめ、ピルが誕生しました。
欧米では、ピルが十分に普及していますが、日本ではまだまだ社会の変化に避妊法がついていかず、多くの女性が望まない妊娠を経験し、中絶の悲しみを受けているのが現状です。ピルを正しく服用すれば、女性の意思でほぼ100パーセント避妊ができるというのは、女性にとっては大きなメリットではないでしょうか。

また一方で不妊の予防としてピルが利用されています。
不妊の原因の一つに、子宮内膜症がありますが、ピルはこの子宮内膜症の予防薬としても効果的です。
排卵によって子宮の内膜は厚くなり、妊娠しなければはがれ落ちて生理がきますが、内膜の一部が逆流し、卵管の先から出てきて、これがきっかけとなり卵巣の中などに内膜ができ、増殖する子宮内膜症になると、受精や排卵を妨げ、不妊につながると考えられています。ピルを飲むと排卵が止まり子宮内膜症になるリスクも小さくなります。
生理痛、頭痛、腰痛、生理不順など気になる症状がある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。