女性が主体となって避妊方法
お腹に赤ちゃんがいる女性

妊娠したくないなら低用量ピルで避妊!ピルの作用を知りましょう。

ピルの避妊方法や休薬期間、金額を知ろう

低用量ピルを使った避妊方法とは実は単純です。
低用量ピルには主に21錠タイプと28錠タイプがありますがどちらも効果は同じになります。
21錠タイプの場合は一日一錠を21日飲み続けます。
前にピルを飲んでから必ず24時間以内に飲まなければいけません。そして21錠全て飲むと7日間の休薬期間を設けます、この時に月経が来るのです。
そして休薬期間が過ぎた後はまた再び21錠のシートを飲むことになります。
28錠タイプでも同じように21日間効果のある薬を飲みますがそのあと7日間も効果のない偽薬を飲んで休薬期間を設けるのです。
何故わざわざ偽薬を飲むのかと言うと7日間何も飲まない状態が続くと8日目に新しいシートを飲むのを忘れてしまうことが多いため、毎日飲む習慣をつけるために偽薬を飲みます。
ちなみに休薬期間も性交をしても妊娠する事は有りません、しかしきっちりと飲んでいればの話です。もし休薬期間を間違えてしまった場合はしばらく性交は避けましょう。
ピルを使った避妊方法はシートの順番の通りに飲めば間違えることはありません。
普段から薬を飲む習慣のない方はタイマーなどをセットすると飲み忘れを防止できます。
ちなみにこの避妊方法を使った場合の金額ですが一ヶ月で2000円程度になります。しかし初診の場合は初診料がプラスされ、次の月にピルをもらう場合でも再診料がかかります。しかし中絶やモーニングアフターピルに比べると金額的にはそう高すぎるものではありませんので利用しましょう。
金額は病院によって多少違いがあるものの大きく違うことはありません。
ネットで購入する場合でも正規品は病院とそう変わらない価格になります。異常なくらいに安いものは気を付けましょう。