女性が主体となって避妊方法

お腹に赤ちゃんがいる女性

妊娠したくないなら低用量ピルで避妊!ピルの作用を知りましょう。

妊娠を避けるならピルを服用

避妊行為とは女性が妊娠しないようにするための対策です。
それにはいくつかの種類があります。一つ目はコンドームです。
これは男性が性器に装着するゴム状のもので、避妊の中では最も定番なアイテムです。
コンビニやスーパーや自動販売機などでも入手でき、価格も安いので世の中に定着しました。

二つ目はペッサリーです。
これは女性用です。
女性器の奥に挿入するものです。
見た目に確認しにくいという点があり、現在では使用する人はあまりいません。

三つ目は経口避妊薬です。
通称ピルです。
避妊ピルともいわれますが、これは女性用のホルモン剤のことです。
服用するタイプのもので、海外の避妊方法では最も有名な方法です。
木陰の中を歩く女性日本においては利用する人がまだ少なく、海外に比べるとその文化は遅れています。
避妊効果はコンドームよりも高く、避妊率は99%以上を誇ります。
なので妊娠を避けるならピルを服用するのが一番なのです。
種類は高容量、中容量、低用量などがあります。
中でも低用量ピルを利用する人が多く、体への負担が最も少ないとされています。

ピルはコンドームと合わせて利用すれば、まず妊娠することはなく、充実した性生活を送るために必要なアイテムなのです。